MUSCATプロジェクト

お知らせ

  • 2019年9月18日
  • PIONEプロジェクト
  • セミナー・イベント

2019年11月2日(土)第4回 PIONEシンポジウム「住み慣れた新見で暮らし続けるために ~地域包括ケアシステムの視点から~」

第4回 PIONEシンポジウム「住み慣れた新見で暮らし続けるために ~地域包括ケアシステムの視点から~」
日時2019年11月2日(土) 14:00~16:30 [受付 13:30~]
会場新見公立大学 学術交流センター3階
(岡山県新見市西潟1263-2)
参加対象医療従事者、医療系学生、地域住民の方々など
参加費無料
託児サービス託児が必要な方は10月25日(金)までにご連絡ください。
申込方法チラシ裏面の申込書をFAX頂くか、下記URLより必要事項をご記入の上、お送りください。
備考駐車場に限りがありますので、できるだけ乗り合わせてお越しください。

医療者と住民が一緒になって、これからの新見の医療と暮らしを考え、ともに支えあうためのアイディアを出しあう「PIONEシンポジウム」の第4回開催が決定しました。

今回のテーマは「住み慣れた新見で暮らし続けるために」、自身の暮らす地域ではどのような医療システムがあり、何ができて何ができないのか、今から備え準備しておくことは何なのか、皆様と共に考えて参りたいと思います。

新見の皆さまはもちろん、市外の皆さまも、この機会に奮ってご参加ください。

【参加申込フォーム】
https://forms.gle/aiHaGEVdEEHyYcYP6

第4回 PIONEシンポジウム「住み慣れた新見で暮らし続けるために ~地域包括ケアシステムの視点から~」

14:00  開会あいさつ  公文 裕巳 氏(新見公立大学長)
    来賓あいさつ  池田 一二三 氏(新見市長)
14:10  プロジェクト概要説明  
       片岡 仁美/溝尾 妙子(医療人キャリアセンターMUSCAT)
14:25  パネルディスカッション(それぞれの立場から)
       岡 正登詩 氏(哲西町診療所 医師) 
       江田 純子 氏(岡山県看護協会 地域包括ケア推進室)
       小郷 寿美代 氏(訪問看護ステーションくろかみ) 
       松本 信一 氏(新見市在宅医療・介護連携支援センターまんさく) 
       名越 洋子 氏(地域住民) 
15:30  ー休憩ー
15:40  グループワーク
     コメンテーター: 荒木 裕人 氏(文部科学省高等教育局医学教育課企画官)
             則安 俊昭 氏(岡山県保健福祉部 参与)
16:35  閉会あいさつ  太田 隆正 氏(新見医師会長)

関連リンク

一覧へ戻る

MENU