• HOME
  • メッセージ
  • 岡山大学 理事・副学長・ダイバーシティ推進本部長 高橋 香代

メッセージ

 

 労働人口の深刻な減少を背景に「働き方改革」が求められています。老若男女、障害の有無、国籍を問わず、それぞれのライフイベントなどに配慮しながら、働き続けることができる社会環境の実現は、大学にとっても大きな課題といえます。

 岡山大学のダイバーシティ推進本部で行っている男女共同参画や次世代育成支援の取り組みを、鹿田地区では「医療人キャリアセンターMUSCAT」が協働して実践されていることは大きな意義があると思います。もともと医療施設では看護師の女性比率は高率ですが、女性医師の比率も年々増加傾向にあり、特に医学部入学者に占める女性の割合は約3割となっています。男女ともに働きやすい環境をつくるために、医療人キャリアセンターでは「プロフェッショリズム」の授業を担当し、男女共同参画やキャリア形成について男女が共に学ぶ機会を設けています。医学部1年生からの教育を通して、より良い医療人を目指して早期の意識改革を目指すことに挑戦し続けています。

 この取組に対しての岡山県の継続的な御支援に対して深く感謝を申し上げるとともに、活動の輪がさらに岡山県下に大きく広がり発展するよう願っております。

  • PIONEプロジェクト
  • 岡山マスカットの会
  • なかよし園
  • かいのき児童クラブ
  • ますかっと病児保育ルーム
  • ますかっと病児保育ルームブログ
  • 医療人キャリアセンターMUSCAT 公式FBページ