「MUSCATプロジェクト」の企画委員を紹介いたします。(五十音順)

平成22年から主にシミュレーショントレーニングを担当としている麻酔科蘇生科の青江と申します。 トレーニングに参加いただいた先生方、看護師さんには、マンツーマンでじっくり学んでいただこうと思っております。 より多くの人が安心して医療現場に復帰できるように願っております。どうぞよろしくお願いします。

この度、メンバーとなりました石井亜矢乃です。
2000年、2004年に出産し、必要に応じて24時間保育、病児保育、延長保育、学童保育、ベビーシッターなどを利用し、 核家族ながらなんとか仕事を継続しています。私の育児と仕事との両立経験が、女子医学生やこれから出産を考えられている方、 小さなお子さんを持たれている方、復職しようと考えておられる方達のお役に少しでもなればと思います。一緒に頑張りましょう。

こんにちは。
MUSCATプロジェクトに いつも楽しく参加させて頂いています。
これまで私は、『日本医療の目指すべき将来像は?』というテーマで活動してきました。 このプロジェクトは女性の皆さんだけでなく、正に未来の日本医療全体にとっても非常に大切なものになると認識しています。 これからも微力ながら一生懸命頑張りますので宜しくお願いします。

復職支援プログラムを利用して、総合診療内科に勤務しています。 理解ある職場で働き、かつ知識をアップデートし、勤務時間外は子供の教育に専念できる現在の生活に大変満足しております。 今後も、マイペースではありますが、医療人として精進していこうと思っています。 またこのプログラムの進化に、微力ながら貢献できるよう頑張りますので、よろしくお願いいたします。

小学校3年生、1年生の子の育児をしながら働いています。 子どもが成長しても、その段階、段階での大変さや悩みがあることを実感する日々です。 仕事や家事の効率化、学校行事と仕事の兼ね合い、子どもたちと向き合う時間の過ごし方などは今抱えている課題の一部であり、 試行錯誤を繰り返しながら自分に合ったスタイルを模索しています。 多くの方々とこういった情報を共有する場が持てたら・・と思っています。宜しくお願いいたします。

はじめまして。このたびMUSCATプロジェクトに参加させていただきました。
私は長年、地域で行政や多職種の方々、そして住民の皆様と共に手を取り合いながら、地域包括医療(ケア)を推進してまいりました。
地域でも、女性の皆様の力が大変大きな力と感じておりました。このプロジェクトは女性の皆様だけでなく、地域医療の分野にとっても、 非常に重要なものになると思います。
微力ではございますが、皆様方と一緒にがんばりたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。 そして、女性だけでなく皆が生き生きと仕事できることを祈っております。

このたび、引き続きコアメンバーをさせていただきます産婦人科の関 典子です。 現在13歳の男の子と7歳の女の子の母親です。上の子が小学生になるまでが本当に長かったですが、それからは案外あっという間でした。 下の子が小学生になり、保育園の送迎から解放されてからは、朝の時間にもすいぶんゆとりができ、 今年から、空いた時間でジョギングを始めています。 いまや、子どもたちは毎日、部活やお友達と遊ぶのに一生懸命で、週末などは私自身の時間が急に増えてきました。 本当に大変なのは一時期で、実はそれからあとの人生の方がずっと長い(定年まであと20数年・・・)ということを実感しています。 当時は育児と仕事と家事で大変な生活が一生続くような錯覚に襲われていましたが、決してそんなことはありません。 今は仕事を続けていてよかったと心から思います。みなさんも、しんどいときはくじけそうになることがあるかもしれませんが、 どうか、がんばってください。

こんにちは。循環器内科の谷山です。学生さんからベテランの方々まで、各ステージでかかえていることは、本当に様々ですが、 がんばってる人のことは自然と応援したいと思います。 キャリアアップをはかり、生き生きと働ける環境づくりに、 皆様の声や経験が生かせるよう、一緒に考え、取り組んでいければと思います。

はじめまして、眼科の内藤知子です。 育児と仕事との両立はなかなかしんどいことも多いですが、それぞれの大切さがいっそうよく分かって、 これからも引き続き頑張っていこうと考えています。 仲間が多いほど、支えあって解決していけると思います、皆さん、一緒にがんばりましょう!

「MUSCATプロジェクト」は社会復帰をめざす女性医師だけの計画ではありません。 患者急変時の対応・専門医取得・研究や留学などのキャリアアップをめざす医師をバックアップするためのものでもあるのです。 この支援計画により、多くの男性・女性医師にとって共に働きやすい環境が整うことを目指しています。 一緒に「MUSCATプロジェクト」を育てていきましょう。

岡山大学病院血液浄化療法部の森永と申します。MUSCATプロジェクトの企画委員として僭越ながら名を連ねさせていただくこととなりました。 大学病院では臨床研究のデータ管理・統計解析、クリニカルパス、電子カルテなど多くの業務が電子化しており、 キャリアセンターにおいてもデータベース構築のお手伝いをさせていただいております。 このプロジェクトを通じて地域医療の充実および発展に貢献できましたら幸いです。

歴代メンバー

  • PIONEプロジェクト
  • 岡山マスカットの会
  • なかよし園
  • かいのき児童クラブ
  • ますかっと病児保育ルーム
  • ますかっと病児保育ルームブログ
  • 医療人キャリアセンターMUSCAT 公式FBページ